次に私が試みたのがLINEです。LINEの友達はそこまで多くはいませんでしたが、LINEのIDを交換できる掲示板があることは知っていたので、そこに書き込めばすぐにリッチな男性が見つかると思ったからです。しかしこれもまた、そう甘いものではありませんでした。

 

LINEのIDを交換できる掲示板に「愛人募集しています。良かったら連絡ください。ID:○○○」と書き込みをしたらすぐに連絡が来ると思っていました。しかし一向に連絡は来ません。それどころか、私のIDが無効になっていたんです。なんで?何かウィルスに感染?と不安になったのですが、実はそうではなく掲示板に書き込んだことで規制に引っ掛かって無効になってしまったようです。

 

LINEの掲示板に書き込むと安全面を考慮してそのIDを使えなくする決まりがあるみたいです。私は何も知らなかったのでその規制に引っ掛かってしまいました。もちろんその規制をかいくぐる手段もあるみたいですが、そこまでする必要もありません。

 

確かによく考えてみれば、掲示板にIDを書き込むのは危険です。もし無効になっていなかったら悪徳な業者や犯罪者にIDが出回ってしまい、何かしらの被害にあっていたかもしれません。愛人契約なんて言葉を出していたら尚更いいカモになっていたかもしれないですね。

 

被害にあわずに済んでよかったのかもしれないですが、IDが無効になってしまったのは少々痛手です。しかし大きな損害にならなくてよかった。

 

知らない人にいきなりIDを教えることは危険極まりないですね。愛人になってくれるようなリッチな男性を見つけるには不向きなのかもしれません。そもそもよく考えれば、そんなリッチな男性が危険なLINE掲示板を使っているはずなかったんです。リッチな男性はそんなつまらないものはきっと利用していません。